熊本県天草  白嶽

サイトマップ


白嶽便り 6月


  公園内を中心に動植物の季節ごとの情報を掲載致します。

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

平成29年6月1日(木)曇り時々晴れ    半成熟のハッチョウトンボのオスとメス

          成熟したハッチョウトンボが見れると思い4日ぶりに白嶽湿地を観察しましたが、結果はオス、メスとも
         半成熟しか見つかりませんでした。成熟したハッチョウトンボを見れるのは、あと2~3日後か?

半成熟のオス(画像は拡大してあります実寸20mm)
半成熟のメス  大きさは20mm

6月3日(土)晴れ    成熟したハッチョウトンボのオスとメス

        発見して6日目、やっと成熟したハッチョウトンボを見ることが出来ました。
       オスは黒味が抜け赤くなり、、メスは目(複眼)の頂部まで色が濃く、尾先が黒く、また全体のコントラストがはっきりしてます。

成熟したメス コントラストがはっきりしてきます

6月5日(月)晴れ   民放テレビ3社が白嶽湿地のハッチョウトンボの取材

         今年も11時からテレビの取材が有りました。ハッチョウトンボはすぐ見つかり、スムーズに撮影が出来ましたが
        大きさを実感するため、一円玉を近づけるとハッチョウトンボが逃げて苦労する場面もありました。
        なおTKUは6日、新聞各社は8日に取材予定です。

左からRKK
KAB、KKTの3社
各社、思い思いに撮影中

6月8日(木)曇りのち晴れ  新聞3社がハッチョウトンボの取材に

        10時頃取材に来られましたが、熊日の方が、初めての取材なので、ハッチョウトンボを探してもらいました。
       しかし一分もかからずに発見。テレビ同様大きさを実感するため、一円玉を写しこみました。(TKUは7日に取材)

左から読売、朝日、熊日

6月9日(金)晴れ時々曇り  白岳お花畑、ミツバツツジの手入れ

    冬に手入れをしたが、ウラジロの成長は早くこの有様です。昨年から時間が取れるようになったのでこの時期にも手入れが
   出来るようになりました。お花畑は移植を始めて早いものは7年目、大きいものは私の身長位になりました。約5年後には見ごろか?

手入れ前
ウラジロの伸び陽光が充分当たらない
手入れ後
補植分は小さい

6月15日(木)晴れ  天草ジオパークの新設された、看板が見やすくなりました。

          3月に設置された天草ジオパーク、白嶽紹介の看板が、遊歩道のかさ上げにより見やすくなりました。
         遊歩道の表土が35cm位流出し、目線より高く、見にくかった看板が、盛土により見やすくなりました。
          設置場所は湿地中央入口、キャンプ場研修棟の横です。駐車場より下り坂を60m位行ったところ。

盛土された遊歩道
見やすくなった

6月23日(金)曇り  中岳、遊歩道の両側をシダ刈り

         遊歩道沿いのミツバツツジがよく見えるようシダを刈り取っています。
        と同時に日光が根元まで当たり、ミツバツツジの成長を促します。

シダ刈り前
シダ刈り後 7/3撮影

6月27日(火)小雨   梅雨の小雨の中、トラノオが見ごろを迎えました。

        今年も車道沿いにトラノの花が咲き始め、見ごろを迎えました。ピークは7月初旬と思われますが、
       穂もと?から穂先に順次咲いていきますので中旬までは楽しめそうです。ピーク時は100ほど花穂が見れます。

トラノオの花穂 太さ5cm長さは15cm程度
よくアサギマダラを見かけますが今年は


〒866-0101熊本県上天草市姫戸町姫浦5395-2
電話(Fax)0969-58-3821
熊本県天草のキャンプ場 Copyriht © 2007.2008. Shiratake Campsite. All Rights Reseved.